濱谷 真理子(はまや まりこ)

staff_hamaya_220

所属部門:社会文化相関研究部門

職  名:学振特別研究員

専門分野

E-Mail:hamariko[at]cseas.kyoto-u.ac.jp

個人WEBページ


ku_db_link

研究関心:

  1. 現代インドにおける女性の世捨てと社会参加:「超俗的フェミニズム」の実現可能性
  2. ヒンドゥー女性行者の乞食実践を通じた贈与論の再検討

研究概要:

    本研究は、現代インドにおいて、女性たちが世捨てという宗教文化装置を用いて、どのようにジェンダー規範や差別を克服して女性の自律を実現しうるか、明らかにすることを目的とする。本年度は、以下の二つを主な研究課題とし、成果を発表した。ひとつめは、北インドにおけるヒンドゥー女性行者の乞食実践を事例として、南アジア、東南アジアにおいて文化人類学的立場からこれまでさかんになされてきた出家者・在家者間での布施の贈与交換をめぐる議論にジェンダーの視点から新たな議論を提示することである。これにかんしては、日本文化人類学会第48回研究大会で口頭発表し、その後考察を深めたうえで近々学術論文として投稿予定である。二つ目は、ヒンドゥー女性行者の社会奉仕活動を事例として、女性が抑圧の対象となりやすいと考えられてきた宗教世界において、地域の女性行者が主体となって自律的な生をめざす在地のフェミニズムのありようを議論することである。これにかんして、女性行者の親密ネットワーク形成にみられる他者への依存を通じた自律の模索について議論した論文を、今年度中に『南アジア研究』にて発表予定である。
pagetop