三重野 文晴 (みえの ふみはる)

staff_koizumi

所属部門:政治経済相関研究部門

職  名:教授

専門分野:経済学、開発金融論

E-Mail:mieno-lab [at] cseas.kyoto-u.ac.jp

個人WEBページhttp://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/~fmieno/


ku_db_link

研究関心:

  1. ASEAN4カ国の金融システムの構造
  2. タイ・ミャンマーのマクロ経済と経済改革
  3. インドシナ諸国における金融アクセサビリティーと金融包摂

研究概要:

    ASEAN4カ国の金融システムの構造については、タイ・マレーシアを中心に戦後の長期マクロ金融統計による観察と1990年代以降の企業金融構造の分析から、資金需要の市場での不顕在性と「実物経済と金融の間の乖離」を指摘している。この分野の研究を2015年冬にとりまとめた単著は翌年の「大平正芳記念賞」を受賞した。この研究の各章の実証分析を最近までデータを敷衍して英文ジャーナル論文として新たにとりまとめる作業にとり組み始めている。関連する研究は2015年8月のSingapore economic review conferenceでの報告されたほか、多数の招待講演やセミナーで発表している。ミャンマーの経済改革に関する研究に関しては、2012年から数年にわたりJICAおよびMyanmar Development Resource Instituteのプログラムとして行っている政策研究において、銀行セクターの調査を進め、また、複数の小規模ワークショップを進めるなどプログラムを推進し、2015年秋には最終報告書をとりまとめた。関連するミャンマー経済の研究の成果はMyanmar in the 21st Century: An Economy in Transition (Konosuke Odaka ed., Springer)*や、文眞堂のアジア経済の教科書などへの寄稿、ロンドン大学、京都大学でのコンフェレンスなどでも発表してきた。金融アクセサビリティーと金融包摂については、ラオスの信用組合の研究をとりまとめるともに、新しい金融技術の応用やビックデータ分析の手法をこの分野に応用できないか、方法論について模索をはじめている。

著  書:

著者名 タイトル 年月
Fumiahru Mieno “Final Report, JICA Myanmar Economic Development Program (2012-2014), Economy and Finance Working Group”  
JICA(報告書)
三重野文晴 「ミャンマー経済:指導する経済のこれまでとこれから」  
『ASEAN経済新時代と日本』, トラン・ヴァン・トウ編, 文眞堂, 219-271
Mieno, Fumiharu and Koji Kubo “Growth Structure and Macroeconomy under 20 years Junta regime” 2016
Myanmar in the 21st Century: An Economy in Transition, Konosuke Odaka, Springer, 51-78
Fumiharu Mieno “Key Challenge in the Development of Better Corporate and Financial System: Historical Context since 1990s” 2016
“Final Report, JICA Myanmar Economic Development Program (2012-2014), Economy and Finance Working Group”
Fumiharu Mieno “Some Perspectives on Banking Sector in Myanmar: Based on the Banking Sector Survey” 2016
“Final Report, JICA Myanmar Economic Development Program (2012-2014), Economy and Finance Working Group”
三重野文晴 Column / CLMV諸国の経済―ミャンマーに焦点を当てて― 2016
アジア太平洋と関西―関西経済白書 2015―, 一般財団法人アジア太平洋研究所, 53-57
三重野文晴(共著者:猪口真大) 「2000年代ASEAN4カ国の金融環境とグ ローバル金融危機」
国宗浩三編 『世界的景気後退と開発途上国の政策対応』
2016
アジア経済研究所
三重野文晴 「東アジアと日本」西島章次・久保広正編『現代の世界経済と日本』 2012
ミネルヴァ書房
尾高煌之助、三重野文晴 ミャンマー経済の新しい光 2012
勁草書房

ku_db_link

論  文:

著者名 タイトル 年月
Fumiharu Mieno Toward Myanmar’s New Stage of Development: Transition from Military Rule to the Market 2013
Asian Economic Policy Review, Vol.8, No.1
三重野文晴 東南アジア4ヵ国の金融システムをどうとらえるか―アジア金融統合への基本視角― 2013
環太平洋ビジネス情報 RIM
Fumiharu Mieno How Far Has the Bond Market Been Developed in Thailand and ASEAN4? :
A Demand Side View
2013
a paper submitted to JSPS EU-Japan Joint Workshop on East Asian and European Monetary Integration during the Global Financial and Economic Crisis

ku_db_link

研究プロジェクト :

研究プロジェクト名
[助成機関]
研究代表者 期間
東南アジアの次世代型成長メカニズムの萌芽とその政治経済学的課題
基盤研究(B)
三重野 文晴 2013 - 2016
研究概要
 ASEAN の先発諸国では、輸出工業化による成長が相当の成功を収める一方で、そのメカニズムに限界が現れつつある。その中で、労働・人口面の構成の変化、資本・金融面の余剰化を背景に、消費・投資の循環のあり方が再編される契機が生じている。生まれうる新しいメカニズムは、この地域で次世代の成長を担う可能性のある環境整合型技術発展と関係を持つであろうし、その結果生じる社会的利害対立の調整の問題と、整合的でな [ Read More ]

所外活動:事例等

  • 京都大学経済学研究科:大学院英語プログラム(東アジア経済コース)との連携(講義担当、研究指導、助手人事参加など)
  • アジア教育研究ユニット:事業推進者として参加。経済学研究科とともにアジア経済発展論セミナーを組織
  • トヨタ財団:再生エネルギーと環境に関する新しい研究助成の案件形成に関わる助言、検討会への参加
  • 国際協力機構:ミャンマー経済改革プログラムへの協力
pagetop