今北 哲也(いまきた てつや)

所属部門:地域研究情報ネットワーク部

職  名:連携研究員

専門分野

E-Mail:imakita[at]cseas.kyoto-u.ac.jp

個人WEBページ


ku_db_link

研究関心:

  1. 琵琶湖湖西、湖北地域にみられた火入れ慣行による伝統的な山野利用の復元を図る。ファイアーエコロジーブランドを目指し、産物の育成条件をさぐる。

研究概要:

    火入れ行為による山野の再生すなわち農林複合手法とそれを担う次世代のしごとづくりをさぐる。湖北では「カヤバシ」と称する茅原山地に夏焼き後在来種蕪を播種する。夏焼きのプレッシャーを受けたカヤの翌年以降の回復状況を検証する。春焼きと夏焼きの違いによるカヤの再生の差異、湖西のカヤダイラでの春焼きのタイミングと火入れ後からの生育、屋根茅としての収穫時の刈り高と翌年の芽立ち、収穫後の燻煙処理と屋根茅品質等を今後のテーマに位置付けることが火入れブランド商品化への課題になる。
    椋川(高島市)で萱原の火入れ――竹のたいまつに種火を移す

    椋川(高島市)で萱原の火入れ――竹のたいまつに種火を移す

pagetop